当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ガジェット

【使用レビュー】Nintendo Switchの配信・録画ができるドック型ビデオキャプチャー ロジテックLVC-SWHD6U

スプラトゥーン3のプレイ動画を記録に残しておきたくて購入したロジテックのNintendo Switch専用ドック型ビデオキャプチャーLVC-SWHD6U。

こちらは専用ソフト付き。

製品写真

接続方法・使い方

キャプチャーボードに各種ケーブルを繋いで、専用ドッグの代わりにこれにSwitchを差し込むだけ。使い方はめちゃくちゃカンタン。

HDMIでゲーミングモニターに繋ぎ、データ転送用のUSB-CはMacbook airに接続。あとは配信ソフトOBSを立ち上げればセットアップ完了。

購入の決め手

購入した決め手はこんな感じ。

  • ドッグ一体型だからキャプチャーボードの置き場所に困らないし、配線もラク。
  • Switchの純正充電アダプターをそのまま給電に使えるし、有線LANアダプタもそのまま挿せる。つまりSwitchの純正ドッグからこれに置き換えるだけでOK。
  • Macでも使える。
  • メジャーな配信・録画ソフトOBSも対応。
  • とにかく「録画初心者」の自分でも使えそうなシンプル構成で、使い方もカンタン。

実際の配信動画・録画動画

実際にYouTubeに配信してみた動画と、録画してからYouTubeに投稿した動画がこれ。

配信動画

録画動画

キャプチャーボードはピンキリみたいなので、この動画の質が良いのか悪いのか、初心者の自分にはわからないけど、悪くはない気がする。

OBSの画面でキャプチャー映像を見るとちょっとラグっぽい感じがするけど、配信動画や録画動画で見る分には気にならないレベル。

おそらくOBSの設定とかをいろいろいじって最適化できればもっと良くなる可能性はあると思う。今はまだその知識に乏しいので試行錯誤中。

動作環境

最後に動作環境。

  • M2 Macbook air、10コアGPU、メモリ16GB
  • 配信ソフトはOBS
  • 有線LAN、NURO光マンションタイプで調子がいいと下り800Mbps、上り600Mbpsくらい。
  • データ転送用のUSB-Cケーブルは一応Amazonで買った「20Gbpsデータ転送」ってやつ。

とにかくカンタンにSwitchのプレイ動画を配信・録画できるので総じて満足。

これまでM2 Macbook airを使ってきて、スペックが足りないと感じたことは一度もなかったけど、OBSで配信・録画をしているとちょっとマシンパワーが足りない気がしないでもない。Macをアップグレードしたくなってくるなぁ。

-ガジェット
-,