料理メモ

【家族みんなが大好きな味】至高のミートソース - リュウジのバズレシピ

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、至高のミートソースを作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度   一般的なミートソースの作り方と大差ない簡単さ。
リピート度   ミートソース作りの基本に。
総合満足度   家族みんなで安心して食べられる旨さ。

奇をてらっていない王道のミートソース。

リュウジ兄が「肉料理」と称した至高のボロネーゼとは違って「家庭的な味付け」を目指したようだが、しっかり肉の味がして普段食べるミートソースより十分本格的な味。

酒呑み用レシピではなくて、

とにかく家族みんなで安心して食べられる逸品。

ちなみに至高のクリームパスタを作るために買ったぶんぶんチョッパーがここでも活躍。

スポンサーリンク

至高のミートソースのレシピ・作り方

至高のミートソースの材料(2〜3人前)

パスタ 100g(1.6mmがおすすめ。もう少し太くても良いが、細いのはおすすめしないとのこと)
牛豚合い挽き肉 280g
玉ねぎ 1/2個(120g)
ニンジン 1/2本(60g)
ホールトマト缶 1缶
ニンニク 2かけ
オリーブオイル 大さじ1
黒胡椒 適量
コンソメ 小さじ2
日本酒 50cc(大さじ3+小さじ1)
ケチャップ 50cc(大さじ3+小さじ1)
ウスターソース 小さじ2

至高のミートソースの作り方

  • ニンニク、ニンジン、玉ねぎをみじん切りにする。ぶんぶんチョッパーを使うと楽。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、火にかける。塩胡椒で下味をつけたひき肉を中火で炒める。至高のボロネーゼでは焦げ目をつけるように焼いたが、今回は焦がさないよう炒める。
  • ある程度肉に火が通ったらニンニクを加えて香りが立つまで炒め、さらにみじん切りにしたニンジンと玉ねぎを加える。強めの中火で野菜の水分を飛ばすように炒める。
  • ホールトマト缶を入れる。トマトを潰しながら煮込む。焦がさないように中火で煮詰める。
  • 黒胡椒を適量(子どもが食べる場合は加減する)、コンソメ小さじ2、日本酒50cc、ケチャップ50cc、ウスターソース小さじ2を加え、酸味を飛ばすために煮詰める。水分がほとんどなくなってパスタの上にポトっと落とせるくらいのかたさになるまで煮詰める。
  • お湯を沸かし、いつも飲むスープ程度の塩分で表記通り(気持ち短めでも良い)にパスタを茹でる。
  • 麺が茹で上がったらしっかり湯切りし、皿に盛る。麺にバター5〜10g程度加え、麺の熱さで溶かしながらからめる。
  • ミートソースをのせ、パセリをふる。
  • 完成!
スポンサーリンク

至高のミートソースのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 出来上がるミートソースは3〜4人前の量。パスタ350g茹でて大人2人分、子ども2人分でも少し余る感じ。6人分同時に作るときは分量を倍にする。
  • ミートソースは冷凍できるので、余った分は小分けにして冷凍するといつでもすぐに食べられる。
  • 至高のボロネーゼは本格的なレストランの味だったが、至高のミートソースは喫茶店や家庭の味を目指した子どもも大好きな味付け。
  • ニンジンを入れることで家庭的なミートソースの味になるので必ず入れること。
  • トマトと日本酒は相性がいい。一緒に煮込むと甘みが出て美味しくなる。確かに至高のチキントマト煮込みで実証済み。
  • 味変で粉チーズ、タバスコがおすすめ。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-, ,