料理メモ

30分チキンとリュウジのグリルチキン用トマトソース

スポンサーリンク

巷でバズってる「30分チキン」を作ってみました。

30分チキンというのは、弱火でじっくりと時間をかけて鶏肉を焼くことで、とってもジューシーにお肉が焼き上がるというレシピです。

鶏肉の旨味が逃げずにしっとりと焼き上がるので、塩胡椒だけでも抜群にウマイです。皮もパリパリに焼き上がるので食感も楽しめます。

今回はチキンのソースとして、リュウジのガーリックトマトソースも作ってみました。

スポンサーリンク

30分チキンのレシピ・作り方

① 鶏肉を皮目を下にしてフライパンに広げ、上から塩と胡椒を振る
② 弱火(コンロのレバーを一番弱く)で鶏肉を焼き始めると、5分くらいで皮目から油が出てくる。
③ 弱火のまま一切鶏肉には触れず、焼き続けること30分の状態。
肉を横から見て、厚みの半分くらいが白く焼けていればひっくり返すサイン
④ ひっくり返したらすぐに火を止めて、そのまま余熱で10分焼き続ける
⑤ ひっくり返してから10分焼き続けたら完成。 切ると中から肉汁がピュッと飛び出るほどジューシーな仕上がりに。

30分チキンの大事なポイント

  • 火加減は焼き始めから一貫してごく弱火のまま。少しでも強めたらダメ!
  • 火をつけたら、ひっくり返すまで鶏肉には一切触れない!少しでも動かすと皮目がパリパリに焼けなくなる。
  • ひっくり返したらすぐに火を止める。コンロの「ごとく」の余熱でもう片面に火を通すイメージ。
スポンサーリンク

リュウジのトマトソースのレシピ・作り方

材料

ホールトマト 1/2缶
玉ねぎ 1/4個(50g)
コンソメ 小さじ1半
おろしニンニク 1片
黒胡椒 適量

作り方・コツ

  • 耐熱容器に手で潰したホールトマト、みじん切りにした玉ねぎ、コンソメ、おろしたニンニクを入れる
  • ラップをして600Wで5分チン。たったこれだけ
  • 加熱が終わったら黒胡椒を振って、よく混ぜる
  • 完成!とってもカンタン

みなさんの感想

https://twitter.com/azukiomame03/status/1297749870321651719
  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-