スポンサーリンク

料理メモ

鶏肉の濃厚玉ねぎビール煮込み - リュウジのバズレシピメモ【作り方・コツ・感想】

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、鶏肉の濃厚玉ねぎビール煮込みを作ってみました。

食べてみるとまさに「濃厚」って感じで、ワインが合いそうな煮込み料理。

濃厚だからこそ、わさびの爽やかな香りがアクセントになってメチャクチャ合う。

「ビール煮込み」って言われなければビールって感じもしないので、ビールが苦手な人でも大丈夫かも。


鶏肉の濃厚玉ねぎビール煮込みのレシピ・作り方

材料

鶏もも肉 1枚(350g程度)
玉ねぎ 1個(250g程度)
ニンニク 2かけ
バター 15g
塩胡椒 適量
塩 ひとつまみ
舞茸 100g
ビール 350g
コンソメ 小さじ1半
仕上げに黒胡椒
お好みでわさび

作り方

  • 材料を切る。
    • 玉ねぎの皮を剥いて半分に切り、さらに繊維を断ち切るようにスライスする。
    • ニンニクは皮を剥いて芯をとり、みじん切りにする。
    • 舞茸は手でほぐす。
    • 鶏もも肉は4等分にし(十字に切る)、塩胡椒で下味をつける。
  • 熱したフライパンにバター15gを入れて溶かす。バターが溶けたら鶏肉の皮目に焼き目をつけるように焼く。
  • 皮目がパリッと焼けたらひっくり返して身の方も軽く焼く。両面を焼いたら一旦取り出す。
  • 鶏肉を焼いたフライパンにニンニクと玉ねぎ、塩ひとつまみを入れて強火で炒める。玉ねぎをあまり動かさずに焼くと焼き目がつくので、焼き目がついたらかき混ぜてそれを繰り返す。
  • 玉ねぎ全体が飴色に炒まったら舞茸を入れて軽く炒める。
  • 焼いておいた鶏肉を肉汁ごとフライパンに戻し、ビール350cc、コンソメ小さじ1半を入れる。蓋をして中火で30分煮る。
  • 煮汁が若干残る程度まで煮たらOK。
  • 皿に盛り、黒胡椒と乾燥パセリを適量かける。お好みでわさびを添える。
  • 完成!

ワンポイントメモ

  • キノコは舞茸以外にマッシュルームやしめじ、エリンギなどでも良い。
  • ビールは発泡酒でもOK。
  • 玉ねぎを炒める前に電子レンジで温めて水分を飛ばしておくと飴色玉ねぎを作りやすい。
  • ビールの麦芽は旨味の宝庫。麦芽の香りと飴色まで炒めた玉ねぎの香りの相性が抜群。ビールで煮込むことによって深みが増す。
  • わさびとの相性が抜群。マスタードじゃなくてわさびが合う。
  • アルコール(ビール)はどれだけ煮込んでも微量残ってしまう。なので体質的にアルコールが苦手な人だと影響が出てしまう場合がある。料理酒も同様。多くの場合、子どもも食べて大丈夫だが、気になる場合は避けた方が無難。

みなさんの感想

-料理メモ
-,