料理メモ

【肉汁爆発】パリパリハーブチキン - リュウジのバズレシピメモ【作り方・コツ・感想】

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、パリパリハーブチキンを作ってみました。

史上最高に美味い鶏肉料理。

鶏肉に下処理をして、フライパンで焼くだけなんだけど、そのひと手間が鶏肉を最高にパワーアップさせてる。

肉の旨みが閉じ込められてて、味付けというより、肉そのものがめちゃくちゃ美味い。

子どもたちが一瞬で食べ切っちゃったくらいだから、ハーブの香りもキツくなくて、クセのない万人ウケする逸品。

スポンサーリンク

パリパリハーブチキンのレシピ・作り方

材料(1人前)

鶏もも肉 1枚(300g程度)
ニンニク 1かけ
乾燥バジル 小さじ1強
塩 小さじ1/2
黒胡椒 適量
薄力粉 適量
オリーブオイル 大さじ1
添える用のレモン

作り方

  • ニンニクの皮を剥いておく。添える用のレモンを切る。
  • 鶏もも肉の分厚くなっている部分に切れ目を入れて開き、肉全体が薄くなるようにする。皮目を包丁の裏で叩いて、肉の厚さを均等にする。両面全体にフォークを刺して穴を開ける。
  • 塩小さじ1/2を鶏肉全体に振って手で擦り込む。★皮には塩分が浸透しづらいので、皮目の方を塩多めにすると良い。
  • 同様に、乾燥バジル小さじ1強を両面に擦り込む。
  • さらに黒胡椒を両面に振り、おろしニンニクも両面に擦り込む。この状態になったら皮目を上にして、常温で10分程度放置する(バジルの香りをつける)。
  • 10分後、薄力粉を肉の両面に適量まぶす(肉全体が薄力粉で隠れるくらいの量)。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、火にかける。
  • フライパンが十分に温まったら中火にし、皮目から鶏もも肉を焼いていく。ヘラなどで肉を押さえつけながら焼く。
  • 皮目がパリパリに焼けたらひっくり返し、裏面も押さえつけながらパリッとなるまで焼く(目安として2〜3分くらい)。
  • 肉の中まで火を通すために、再度皮目を下にしてから蓋をし、弱火で1〜2分蒸し焼きにする。★皮目を下にしないと、上記でパリッと焼いた皮がシナシナになってしまうので注意。
  • 肉が焼けたら皮目を上にしてまな板の上にのせ、1分間肉を休ませる。★焼いた直後に肉を切ってしまうと、肉汁が流れ出てしまう。少しだけ冷ますことで肉汁が流れ出なくなる。
  • 肉を休ませたら食べやすいように切る。
  • 器に盛り、レモンを添える。
スポンサーリンク

パリパリハーブチキンのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 味変でマヨネーズ、追いバジルがおすすめ。
  • ハーブをすり込んだ方が絶対美味いと思うけど、苦手な人はハーブなしでも十分美味いと思う。
  • 塩をすり込んだり、薄力粉をまぶしたり、焼き上がったら少し寝かしたり、そういうポイントを押さえればアレンジもできそうだし、他の料理にも活かせそう。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-,