料理メモ

【サッポロ一番塩らーめんアレンジ】豚塩レモン油そば - リュウジのバズレシピ



リュウジのバズレシピ.comを参考にして、豚塩レモン油そばを作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度   普通にインスタントラーメンを作るのと大差なし。
リピート度   リピートしたくなるアレンジ。
総合満足度   合格点の旨さ。

まず旨い。

みんなが大好き「サッポロ一番塩らーめん」のアレンジとして合格点の旨さ。

そしてこのレシピの良いところは、調理も材料も無駄がないこと。

豚肉とレタスを一緒に煮るから時短&洗い物も減るし、粉末スープと余った卵白でスープを作るから材料の無駄もない。

なんだか、旨さだけじゃない満足感が得られる逸品。

スポンサーリンク

豚塩レモン油そばのレシピ・作り方

材料

サッポロ一番塩らーめん 1袋
豚バラ肉 60g程度
レタス 80g程度
卵 1個
ごま油 小さじ2
酒 小さじ2
みりん 小さじ2
ニンニク 1かけ
ゆで汁 大さじ1

作り方

  • ニンニクの皮を剥いて1〜2mm程度にスライスする。レタスと豚バラ肉は適当な大きさに手でちぎっておく。
  • 卵を割り、卵黄と卵白を分けておく。
  • タレを作る。丼にニンニク、付属スープの粉小さじ2、ごま油小さじ2、酒小さじ2、みりん小さじ2を入れて軽く混ぜ、ラップをせずに600Wで1分10秒チンする。
  • 別の器(スープ用)に残った付属スープの粉と分けておいた卵白を入れておく。
  • 鍋にたっぷりお湯を沸かし、まずは豚バラ肉を入れて軽く湯がいてから、麺とレタスも入れる。表記時間3分より10〜20秒短めに茹でる(麺を入れてから計2分40秒程度茹でる)。このとき、茹で汁大さじ1を先程の丼に加え、タレを溶かしておく。
  • 麺が茹ったら別器の中に茹で汁を加えてスープを作る(茹で汁の量でスープの濃さは調整する)。残った茹で汁は捨て、麺と豚肉、レタスはしっかり湯切りする。
  • 先に湯切りした麺だけを丼に入れて、タレとよく絡ませる。麺とタレを絡ませたら豚肉とレタスをのせる。付属の胡麻、黒胡椒、卵黄、レモン、お好みでラー油をかける。
  • 完成!
スポンサーリンク

豚塩レモン油そばのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 麺と豚バラ肉、レタスを一緒に茹でることで時短&洗い物が減る。残った粉末スープと卵白で「浮雲スープ」も作れる。調理も材料も無駄がない、よく考えられたレシピ。
  • ラー油をかけるとピリッとして旨い。ニンニクのパンチも効いてて一緒に酒が飲みたくなるやつ。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-,

© 2021 It's a piece of cake Powered by AFFINGER5