料理メモ

ラ王の冷し中華が抜群に旨い!サラダチキンで簡単バンバンジー風アレンジ

スポンサーリンク

暑かった夏ももう終わりを迎えそうな陽気になってきましたが、今年の夏、新たな発見がありました。

それは、

冷し中華はラ王の袋麺が旨い!

ということです。

ドンキホーテの袋麺コーナーでたまたま見つけたのですが、何気なく買ってみたらこれが大当たり。

このラ王 冷し中華、美味しいのは当然として、簡単にアレンジできるのと、保存がきくのもおすすめしたいポイントです。

スポンサーリンク

日清ラ王 冷し中華のおすすめポイント① アレンジが簡単

冷し中華って「具」を用意するのが面倒じゃありません?

手軽にパパッと作って食べたいのに、キュウリ、ハム、錦糸卵、トマトなどなど、意外と具の準備に手間がかかるので、作るのを敬遠しがちでした。

このラ王 冷し中華、パッケージにアレンジメニューが載ってます。このアレンジメニューがめちゃくちゃ簡単です。

さらにちょこっとアレンジを加えたレシピをご紹介します。

サラダチキンでバンバンジー風冷し中華のレシピ

材料(2人前)

ラ王 冷し中華(ごまだれ) 2袋
もやし 1袋(200g)
サラダチキン 1パック(100g)

作り方

  • 麺を時間通り5分間茹でる。このとき、麺と一緒にもやしも茹でちゃう。
  • 茹で上がったら麺ともやしをざるで水切りし、器に盛る。
  • 手で裂いたサラダチキンをのせて、液体だれをかける。お好みでネギも。
  • 完成!たったこれだけ

おすすめポイント

  • 工程が「茹でる」「裂く」「盛り付ける」の3つしかないのでホントに簡単です。
  • 包丁も使わなくて済むので洗い物も最小限。
  • ラー油をたらしても、味変で旨いです。
スポンサーリンク

日清ラ王 冷し中華のおすすめポイント② 保存がきく

これ、ポイント高くないですかね?

冷し中華って、これまではスーパーで売ってる生麺しか食べたことがありませんでした。味は特に不満ありませんでしたが、強いて不満を挙げるならば、スーパーで見かけたのでそのうち食べるだろうととりあえず買っておくと、『あれ、冷し中華って賞味期限いつまでだっけ?』『あ、そろそろ冷し中華食べなきゃ!』ってなりがちだったんですよね(これ、生麺タイプの焼きそばにも言えます)。

ところがこのラ王、生麺じゃないからそういうストレスから解放されます。

買っておけばいつでも冷し中華が食べられる。だけど食べる気にならなければいつまででもストックしておける。そうめん同様、ストックしておけば、いざというとき頼りになる安心感。

これが相当気に入った点です。

このラ王 冷し中華、どうやら季節限定みたいですね。ラ王 冷し中華を知ったのが夏も後半に差し掛かった頃だったので、もうちょっと早く知りたかった一品です。また来年の夏、忘れずに。

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ