料理メモ

【リュウジパスタTOP3に入る満足度】塩ボロネーゼ - リュウジのバズレシピ

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、塩ボロネーゼを作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度  
リピート度   カンタンなので夏の食卓の一品に。
総合満足度   大満足。

この塩ボロネーゼはリュウジのパスタレシピの中でTOP3に入る満足度。

まずハンパなく旨い。なんで至高シリーズじゃないんだってくらい旨い!

ソースにとろみがあるからマッシュルームの旨味と肉の旨みがよく麺に絡み合う。

そして満足度が高くなる何よりの理由が「カンタン」だということ。

トマトソースのボロネーゼだと酸味を飛ばすために煮詰めたり、玉ねぎを加えたりで結構手間も時間もかかるけど、この塩ボロネーゼはホントにソース作りがカンタン。

しかも薄力粉でとろみをつけるから、乳化をさせる難しさもない!

旨いし、カンタンだし、こっちこそ「至高のボロネーゼ」だと思う。

スポンサーリンク

塩ボロネーゼのレシピ・作り方

材料(1人前)

1.6mmのパスタ 100g
合い挽き肉 70g
マッシュルーム 1/2パック(70g)
ニンニク 1かけ
塩胡椒 適量
オリーブオイル 小さじ2
コンソメ 小さじ1
薄力粉 小さじ1
黒胡椒、カットレモン お好みで
*ソースとパスタを絡めるときに茹で汁50cc

作り方

  • ニンニクは皮を剥いてみじん切りにする。
  • マッシュルームは茎の黒い部分を取り除いてからみじん切りにする。
  • フライパンにオリーブオイル小さじ2を入れ、中火にかける。塩胡椒で下味をつけた合い挽き肉を炒める。
  • 肉が炒まったら、ニンニク、マッシュルームを入れてさらに炒める。
  • コンソメ小さじ1を加えて全体に馴染ませ、薄力粉小さじ1を加えてさらに混ぜる。あとで茹で汁を加えるので火を止めておいておく。
  • 塩分濃度1%のお湯(味見して味噌汁程度の塩気)で表記時間通りパスタを茹でる。
  • フライパンに茹で汁50ccを加えてソースにとろみがつくように加熱し、茹で上がったパスタを加えてソースと絡めるように和える。
  • 器に盛り、黒胡椒をふる。
  • 完成!
スポンサーリンク

塩ボロネーゼのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • マッシュルームをみじん切りにすることでパスタによく絡むようになる。今回はマッシュルームの分量が足りなかったので玉ねぎのみじん切りも追加。
  • ソースに薄力粉を入れることで茹で汁を加えたときにとろみがつく。乳化させなくてもとろみがつくのもカンタンなポイント。
  • 味変でレモンを絞る。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-, ,