スポンサーリンク

料理メモ

【家庭の味じゃない】至高のビーフストロガノフ - リュウジのバズレシピメモ【作り方・コツ・感想】

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、至高のビーフストロガノフを作ってみました。

森永のギリシャヨーグルト「パルテノ」を使ったコラボレシピ。

もう本格的すぎて、家庭料理の域を超えている。

感想としてはこれに尽きる。

けど「凝った料理」というわけではなくて、誰でも作れる敷居の低さが凄いとこ。

これは美味かった。

スポンサーリンク

至高のビーフストロガノフのレシピ・作り方

材料

牛肉 300g(動画で使用したのは牛コマ肉)
舞茸 100g(好きなキノコでOK)
玉ねぎ 1個(250g程度)
ニンニク 1かけ
塩胡椒 適量
薄力粉 大さじ2半
ケチャップ 大さじ6
ウスターソース 大さじ2
水 280cc
コンソメ 小さじ2半
パルテノ(ギリシャヨーグルト) 大さじ4
砂糖 小さじ1
バター 10gと15g(計25g)

作り方

  • 玉ねぎは繊維に逆らって薄くスライスする。ニンニクは皮を剥いておく。
  • 牛肉は食べやすいサイズにちぎる。塩胡椒をして、薄力粉大さじ2半をまぶして馴染ませる。
  • フライパンにバター15gを入れて火にかける。玉ねぎを投入し、塩ひとつまみをふる。玉ねぎは広げてあまり動かさないようにすることで焼き目をつけるように炒める。
  • 玉ねぎ全体に焼き目がついたらフライパンの端に寄せて牛肉を投入する。牛肉をほぐすように炒めたら舞茸もほぐし入れて炒める。
  • ケチャップ大さじ6、ウスターソース大さじ2を加えたらよく炒めてケチャップとソースの酸味を飛ばす。汁気がなくなり全体が茶色っぽくなってきたらOK(炒める目安は3〜4分程度)。
  • 水280cc、コンソメ小さじ2半を加えて沸かす。沸いたらパルテノ大さじ4、砂糖小さじ1、バター10g、おろしニンニク、黒胡椒を加えて全体を馴染ませるように軽く煮込む。
  • 容器に好きな量のパルテノを入れ、塩を1〜2つまみ程度加えて混ぜる。
  • 器に温かいご飯とルーを盛り、塩を混ぜたパルテノをのせる。
  • 完成!
  • ★パルテノラッシー★
    グラスにパルテノ大さじ3を入れ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。牛乳を好きなだけ入れたら砂糖も適量(目安は大さじ1)加えてよく混ぜる。氷とラム酒(お酒は大人だけ)を入れる。
スポンサーリンク

至高のビーフストロガノフのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 牛肉の代わりに豚バラ肉でも作れる。その場合は「ポークストロガノフ」になる。
  • 森永乳業の「ギリシャヨーグルト パルテノ」は非常に濃厚なので、ヨーグルトとしても、生クリームのようにも使える。一口食べた感じ、ヨーグルトよりも濃厚なチーズクリームって感じ。
  • 結構汁がシャバシャバしたので、トロッとした方が好みなら、ちょっと煮詰めた方が良い。
  • 牛コマ肉だとかなり肉肉しい仕上がりに。ルートの一体感っていう意味ではバラ肉の方が馴染む気がする。

みなさんの感想

スポンサーリンク

タグ

人気の記事TOP10

-料理メモ
-, ,