料理メモ

【苦みをなくすゴーヤーの下処理】至高のゴーヤチャンプルー - リュウジのバズレシピ

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、至高のゴーヤチャンプルーを作ってみました。

作ってみた感想

  • カンタン度 ★★★★☆ 調理は難しくないけどひと手間あり。
  • リピート度 ★★★★☆ 毎年夏に一度は作りたい。
  • 総合満足度 ★★★★★ 料理として旨い。完成度が高い。

ゴーヤが苦くならない下処理を紹介。

確かに苦味は薄まるけど、苦いっちゃ苦い。子どもはちょっと苦手かもしれない。

ゴーヤはさておき、

料理の完成度は高く、感想としてはめちゃくちゃ旨い。

白だしの味付けや鰹節をたっぷり入れた香りはゴーヤチャンプルーならでは。

元も子もないけど、ゴーヤが苦手ならゴーヤなしで作ればいいと思う。炒め物としてマジで旨い。

スポンサーリンク

至高のゴーヤチャンプルーのレシピ・作り方

材料(2〜3人前)

ゴーヤー 1本(200g程度)
卵 2個
木綿豆腐 150g
豚バラ肉 150g
白だし 小さじ1と小さじ2
サラダ油 大さじ1と小さじ2
醤油 小さじ1半
鰹節 4gと適量
塩胡椒 適量

作り方

  • ゴーヤの両端を切ってから縦半分に切る。スプーンで中の種を取り除き、できるだけ薄くスライスする。
  • 切ったゴーヤをボウルに移し、塩小さじ1/2を振りかけてからよく揉み込む。1分ほど置いておくとゴーヤから水分が出てくるので、ゴーヤをザルに移して水分を絞り出す。★200gのゴーヤから大さじ2程度の水分が出る。
  • 豚バラ肉を2〜3cm幅に切る。塩胡椒を適量ふって下味をつける。
  • フライパンにお湯を沸かし、沸騰したお湯で1分間ゴーヤを茹でる。茹でたゴーヤはザルに入れて流水でゆすいでから水分を絞る。
  • ボウルに卵を2個割り入れ、白だし小さじ1を入れてよく混ぜる。
  • フライパンにサラダ油大さじ1を入れてフライパンを温め、卵を入れて手早く半熟のスクランブルエッグ状に炒める。炒めた卵はボウルに戻しておく。
  • フライパンにサラダ油小さじ2を入れ、中火にかける。木綿豆腐を手でちぎって入れる。大きさは適当に食べやすいサイズ。
  • 豆腐に焼き目がついたら豚バラ肉を入れる。
  • 豚バラ肉が炒まったらゴーヤを入れる。ゴーヤは茹でてあるのでさっと炒めればOK。白だし小さじ2、醤油小さじ1半、鰹節4g(片手でひと掴みくらい)を加えて全体を混ぜ合わせる。
  • 火を止めて、先ほど炒めた卵を戻し、卵をほぐしながら混ぜる。思ってる3倍の黒胡椒をかける。
  • 器に盛り、仕上げに再度鰹節を適量かける。
  • 完成!
スポンサーリンク

至高のゴーヤチャンプルーのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • ゴーヤの苦みを抜くポイントは3つ。①できるだけ薄くスライスする。②塩揉みをして水分を出す。③1分ほど下茹でする。★ゴーヤの苦味が好きな人はやらなくてOK。
  • それでもゴーヤは苦いっちゃ苦い。ゴーヤ単体で食べると苦いけど、他の具と一緒ならさほど気にならないかも。
  • 味変でラー油がおすすめ。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-, ,