料理メモ

【酸味なし&オレガノで本格イタリアンの味】至高のミネストローネ - リュウジのバズレシピ

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、至高のミネストローネを作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度   手間なのは材料を切るところくらい。
リピート度   旨い&野菜も摂れるのでヘビーローテーション。
総合満足度   完璧な味。

トマト&日本酒&オレガノは至高のチキントマト煮と同じ組み合わせ。

日本酒でトマトの酸味をまろやかにして、オレガノで本格的なイタリアンの香りを出す。これがリュウジのバズレシピ流。

日本酒を料理酒で代用したり、オレガノを入れずに作るのは絶対におすすめできない。

日本酒とオレガノを使わずにこのレシピを作るのは、もはやバズレシピでもなんでもない。

騙されたと思ってオレガノを買おう。

スポンサーリンク

至高のミネストローネのレシピ・作り方

材料(3〜4人前)

キャベツ 1/4個(200g)
ニンジン 1本(100g)
ジャガイモ 1個(150g)
玉ねぎ 1/2個(150g)
ベーコン 100g
ニンニク 3かけ
ホールトマト缶 1缶(400g)
オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ1/3
日本酒 150cc
コンソメ 大さじ1半
水 500cc
オレガノ 小さじ1/3程度

作り方

  • ベーコン、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、キャベツを1cm角のブロック(サイコロ状)に切る。全ての具を同じ形状(大きさ)に揃えるようにする。ニンニクは皮を剥いてスライスにする。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ、ベーコンを炒める。軽く焦げ目がつくくらいベーコンが炒まったらニンニクを入れる。
  • ニンニクから香りが出るくらい炒まったら、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、キャベツ、塩小さじ1/3を加えて油が全体に馴染むように炒める。
  • 野菜がしんなりしたらホールトマト缶を入れてトマトを潰しながら炒める。火を強め、トマトの水分(酸味)を飛ばすように炒める。
  • トマトの水分がなくなってきたら日本酒150ccを入れ、アルコールが飛ぶように軽く煮詰める。
  • 水500cc、コンソメ大さじ1半、オレガノ小さじ1/3を加えたら強火で沸騰させ、沸騰したら弱中火に火を弱め、蓋をして20分煮込む。味見をしてジャガイモがほっくり煮えていたらOK。
  • 器に盛り、オリーブオイルを適量かけ、最後にパセリをかける。
  • 完成!
スポンサーリンク

至高のミネストローネのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • トマトは白ワインで煮込むと酸味が出てしまう。日本酒で煮込むと酸味がまろやかになり甘みが増す。トマト投入直後に強火でトマトの水分を飛ばすのも酸味をなくすコツ。
  • オレガノって何?→イタリアンのお店で嗅いだことがある香り。つまりオレガノが本格的なイタリアンの正体。オレガノなしにこのレシピは語れない。
  • 味変で粉チーズがおすすめ。さらにコクが出て旨い。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-, ,