料理メモ

【腹が減ったらすぐ食べられる】至高の天津飯 - リュウジのバズレシピ

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、至高の天津飯を作ってみました。

日曜日、夕方から軽く飲み始めて、いろいろつまんでたらソコソコお腹が膨れてきて、だけどなんか物足りない、シメで何か食べたいと思って作ってみた至高の天津飯。

下準備10分、調理5分。

食べたいと思ったらすぐ作れます。

関東の人間なので、天津飯は基本甘酢のイメージ。

だけど、

リュウジ兄にかかれば醤油餡だろうとなんだろうと全幅の信頼。

やっぱり旨い。

スポンサーリンク

至高の天津飯のレシピ・作り方

材料(1人前)

ご飯 200g
卵 2個(Lサイズ)
長ねぎ 1/4本(約30g)
カニカマ 6本(約40g)
塩 ひとつまみ
黒胡椒 適量
マヨネーズ 小さじ2
味の素 3振り
油 大さじ1と1/3

(醤油餡の材料)
水 110cc
創味シャンタン 小さじ1/3
醤油 小さじ1/2
酒 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
ゴマ油 小さじ1
片栗粉 小さじ1

作り方

  • 卵をボウルに入れてしっかり溶く。
  • 長ネギを斜め細切りにする。カニカマを割く。
  • フライパンに油小さじ1を入れ、長ネギ、カニカマを炒める。長ネギの辛味を飛ばし、カニカマに香ばしさをつける。
  • 炒めた長ネギとカニカマを溶いた卵にそのまま入れる。
  • 卵液にマヨネーズ小さじ2、塩ひとつまみ、黒胡椒適量、味の素3振りを加え、よく混ぜる。
  • 先に器にご飯を盛り付けておく。
  • フライパンに油大さじ1を入れてよく熱する。
  • よく温まったら卵液を入れてかき混ぜながら熱する。1分ほどで半熟に固まるので器のご飯の上にのせる。
  • (火をつける前の)フライパンに水110cc、創味シャンタン小さじ1/3、醤油小さじ1/2、オイスターソース小さじ1、酒小さじ1、ごま油小さじ1、片栗粉小さじ1を入れよく混ぜる。混ぜてから火をつけて、そのままとろみがつくまで混ぜ続ける。
  • 餡ができたら卵の上からかける。
  • 完成!

スポンサーリンク

ワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

  • カニカマはフォークを使うとカンタンに割ける。
  • 卵は半熟がベスト。1分弱で固まってしまうので、その前によーく油でフライパンを温めるのがコツ。
  • 調理時間はものの5分程度。卵液だったり、醤油餡作りをサッとできるように事前に調味料を揃えてキッチンに出しておくと良い。下準備が全て。

みなさんの感想

https://twitter.com/nendai_t/status/1319472535583420416

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-,