料理メモ

【味濃いめがおすすめ】究極の揚げないカツ丼 - リュウジのバズレシピ



リュウジのバズレシピ.comを参考にして、究極の揚げないカツ丼を作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度   味の濃さ、半熟具合は慣れが必要。
リピート度   
総合満足度  

これを「カツ丼」と比べるのは野暮。

頭で思い浮かべるいつものカツ丼ではないけども、カツ丼っぽさは十分感じられる。

そして一番大事なことは、

やっぱり旨いということ。

炒めたパン粉がある分、頭で思い浮かべる親子丼ともまた違う。

そこはやっぱりリュウジクオリティ。

スポンサーリンク

究極の揚げないカツ丼のレシピ・作り方

材料(1人前)

温かいご飯 200g
豚バラ肉 120g
玉ねぎ 1/4個(50g)
卵 2個
三つ葉 適量
サラダ油 大さじ1/2
パン粉 1つかみ
水 大さじ2半
醤油 大さじ1
白だし 大さじ1
みりん 大さじ2
砂糖 2つまみ(小さじ1/2程度)

作り方

  • 玉ねぎを薄くスライスする。三つ葉は軽くちぎっておく。
  • 豚バラ肉は一口大の大きさに切る。
  • フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れ、中火でパン粉を炒める。焦げないように気をつけ、とんかつ色になったらOK。
  • 鍋に豚バラ肉と玉ねぎ、水大さじ2半、醤油大さじ1、白だし大さじ1、みりん大さじ2、砂糖ふたつまみを入れて火にかけて煮ていく。弱めの中火で水分が無くならないように気をつけながら、玉ねぎが柔らかくなるまで煮る。
  • ボウルに卵を1個割り入れ、白身が少し残る程度に溶く。鍋の火を弱火にし、溶き卵を回し入れる。蓋をして半熟になるまで加熱する。
  • ボウルにもう1個卵を割り入れ、同じく白身が少し残る程度に溶き、半熟になった鍋に回し入れる。再度蓋をして加熱する。少し透明な白身が残っている程度でOK。
  • 丼にご飯を盛り、パン粉を半分くらいご飯にかける。その上から具をのせ、さらにその上から残りのパン粉をかける。具の煮汁はお好みで調整する。最後に三つ葉をのせる。
  • 完成!
スポンサーリンク

究極の揚げないカツ丼のワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 玉ねぎ、豚肉の煮込みが不十分だと煮汁の水分が飛ばずに味が薄くなってしまう。丼飯としてガッツリ濃い味で食べたい人はしっかり煮込んだ方が良い。玉ねぎからも水分が出るので、結構しっかり煮ても水分は無くならない。
  • 卵を半熟に仕上げるため、2回に分けて入れるのがポイント。
  • 卵黄と卵白は火の入り方が異なるので、あえて混ぜすぎないことで食感の違いを楽しむ。
  • 卵白より卵黄の方が火が通りやすいので、回し入れるときは卵白を鍋の外側、卵黄を鍋の中心に入れると良い感じに火が通る。
  • 家族4人で食べるため、分量2倍で作り、鍋からすくって丼にのせる形に。この形なら鍋の大きさに拘らなくても大丈夫。
  • 味変で七味唐辛子がおすすめ。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-

© 2021 It's a piece of cake Powered by AFFINGER5