ガジェット

リモートワークのために購入したAboveTEK膝上テーブルの使用レビュー



スポンサーリンク

仕事環境の改善に取り組む

長時間の自宅作業でカラダのあちこちが悲鳴を上げてきたので、仕事環境の改善に取り組もうと購入したのが「AboveTEK 膝上テーブル」。

これを購入した狙いは2つ。

1つはMacbook使用時にマウスを使うこと。

もう1つはiMac使用時に膝上でキーボードを使えるようにすること。

スポンサーリンク

残念。マウス使用はイマイチ

1つ目の狙い、マウス使用は残念ながらイマイチ。

常に膝上を水平に保たないと、マウスが滑ってしまうのが難点。

一応マウス置きの端に引っ掛かりがあるので、滑って下に落ちてしまうことはないんだけど、マウスから手を離すたびにスルッと動くのは地味にストレスだし、カーソルが意図せず動いてしまうので、稀に誤操作してしまうことも。

膝上を水平に保たないとマウスが滑ってきてしまう

膝上キーボードはアリ

2つ目の狙い、膝上でキーボードを使うのはアリ。

Macbookだとどうしても目線が下がりがちなので首に負担がかかっちゃう。iMacの場合は目線は高くできるけど、椅子とデスクの関係からキーボード位置が高くなっちゃって肘に負担がかかる。

で、膝上でキーボードが使えるようになると目線は高く保ちつつ、キーボードはカラダに近い位置で操作できるのでカラダへの負担が多少軽減されました。(あくまでウチの作業環境の話)

iMacのキーボードを膝上で使えるのはアリ

ただやはり難点なのは、マウスが滑っちゃうこと。

トラックパッドを載せたほうがまだマシなんだけど、腕にかかる負担はマウスの方がマシ。ここらへんは慣れるか、試行錯誤していくしかなさそう。

マウスはやっぱり滑る
トラックパッドの方が滑らないけど腕への負担アリ

安く買えるならアリ

せっかく買ったのでなんとか使おうと試行錯誤してますが、劇的に作業環境が改善されたかというと微妙なところ。

Amazonを見ていると、販売価格が結構上下しているようなので、安く買えるタイミングならアリなんじゃないかと。

  • この記事を書いた人

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-ガジェット
-, ,

© 2021 It's a piece of cake Powered by AFFINGER5