ガジェット

【購入レビュー】山善の電動スタンディングデスクELD-FS(MWH)/T1000(WH)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山善(YAMAZEN)の電動スタンディングデスクELD-FS(MWH)/T1000(WH)を購入

自宅メインで仕事をするようになって早1年。

座りっぱなしの時間が増え、肩と肘が痛むようになってきてしまった。

アリナミンやら整体やらの「メンテナンス費用」もバカにならないということで、流行りのスタンディングデスク購入を決意。

ほぼ即決で購入したのが山善の電動スタンディングデスクELD-FS(MWH)/T1000(WH)

スポンサーリンク

重視したポイントは「高さ」

スタンディングデスク購入のキッカケは、試しに「納戸の衣装タンスの上にMacbookを置いて立ち作業」をしてみたら明らかにカラダの痛みが軽減されたこと。

そのタンスの高さが約130cm程度。

身長178cmの自分でもタイピングするにはちょっと高いと感じたが、肘をついたり頬杖をついたり寄りかかるには絶妙な高さで、立ちっぱなしでも疲れにくい点が良かった。

で、調べてみると、スタンディングデスクと言っても最大高さが結構まちまち。

MAX130cmは見つけられなかったけど、MAX120cmならそこそこ見つかった。

しかもパッとググった感じでは、MAX120cmのスタンディングデスクは「電動式」が多かった。

というわけで、電動に拘っていたわけではないけれど、高さを重視すると結果的に電動に。

購入の決め手は「実物を試せたから」

近くの島忠ホームズにスタンディングデスクが置いてあって、たまたま試せたのが今回購入した山善のELD-FS(MWH)/T1000(WH)。

高さはMAX117cmだけど、実際デスクに向かって立つ&座ってみた感じは違和感なし。

MAX117cmの状態
MIN71cmは椅子に座りながらでもちょうど良い高さ

電動昇降もスムーズ。音も静かで昇降が楽ちん。

71〜117cmの間で高さを自由に変えられる。記録した高さにボタン1プッシュで変えられるメモリー機能付き

27インチモニターを使うのに、奥行きは70cm欲しかったのでその点もクリアー。

奥行き70cmあるとかなり広々。27インチのモニターでも近すぎない

肝心の価格はAmazon限定で42,000円。相場が税込55,000円程度で13,000円も安かったのでお得な気分になって即購入。

スタンディングデスクは今どこでも品薄でお取り寄せが多かったけど、Amazonだと即納だったのも即決ポイント。

2021年ベストバイ候補の満足感

組み立ては一人でのんびりやって1時間程度。

構造的には一人で組み立てられるけど、とにかく脚が重いので、運んだり、持ち上げたりするのは二人でやれると楽。

使い始めて数日、今年のベストバイ候補と言えるほどの満足感。

慣れると立ちっぱなしの作業でも全く苦にならなくなるから不思議。

作業スペースが格段に広くなって快適そのもの
  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-ガジェット
-,