ライフスタイル

人生初めての胃カメラ&大腸内視鏡検査

2020-11-28



スポンサーリンク

逃げ続けてきた胃カメラと大腸内視鏡検査

昨日、人生初めて胃カメラと大腸内視鏡検査を体験。

医師になった同級生から「40歳になったら一度はやっておいたほうがいい」と言われ続けていた大腸内視鏡検査(大腸カメラ)。

病気を見つけるならバリウムより良いと聞いたことがある胃カメラ。

大腸カメラは下剤飲むのがツラいみたいだし、病院によっては検査自体も痛いらしい。胃カメラはえずきやすいタイプだからもう絶対苦しいはずだし、これまた辛かったという話しか聞かない。

そんなわけでやらなきゃいけないとはわかっていながらも逃げ続けてきた胃カメラと大腸カメラ。

だけどここ最近色々な理由が重なり、とうとう意を決して挑戦することに。

やるからには胃カメラと大腸カメラ同時がいい。加えて麻酔(鎮静剤?)で眠ってる間に終わらせてくれるところが絶対条件。

それで選んだのが日暮里駅前の日暮里健診プラザ

スポンサーリンク

やっぱり下剤は大変。だけどツラさはなし

そしていよいよ本番当日。

血液やら心電図やら、いつも通りの検査を一通り終え、とうとう内視鏡の準備室に案内される。

そこで時間をかけて少しずつ計1リットルの下剤を飲み、大腸の中を空っぽにする。

これがとにかく時間かかった。

AM10時から下剤を飲み始め、最終的に看護士さんから検査OKが出たのが14時半頃。下剤を飲み続けること実に4時間半!トイレには10回くらい行ったし、結局下剤も1.5リットル飲むハメになったけど、時間かかったのが大変だっただけでツラさはなかった。

そこから検査室に移って、点滴をしてもらって、内視鏡の前に辿り着いたのが15時頃。

まずは胃カメラから。先生が内視鏡を手に取ったのにこちらはまだ意識全開。いつ眠らせてくれるのかとドキドキし始めたけど、鎮静剤を入れられてから意識がなくなるまでは一瞬。体感でホンの30秒程度。

意識が戻ったのは大腸内視鏡の検査中。

なんとなくお腹に弱い痛みを感じるなぁ程度で、検査されていることはハッキリわかったけどツラい感じは全くなし。

意識が戻ってから検査が終わるまで、体感で3〜5分くらいだろうか。

検査が終わってから、看護士さんにどれくらいの時間検査してたのか聞いてみたら、胃カメラが5分、大腸カメラが20分程度らしいので、意識がなかったのはおそらく20〜30分くらい。

終わってみれば、散々ビビって逃げてきた胃カメラ&大腸カメラは全く痛みも辛いこともなく無事終了。

人によってはバリウムより胃カメラの方が楽って話も聞いてたけど、鎮静剤を使うという前提であれば、確かにそうかもしれない。胃カメラだけなら眠ってる間に終わっちゃうし、隣のオヤジはいびきかいて寝てたし。

  • この記事を書いた人
アバター

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-ライフスタイル
-,

© 2021 It's a piece of cake Powered by AFFINGER5