ライフスタイル

陰山メソッド - 宿題の答えは見せた方が良い?

スポンサーリンク

少し前から悩みの種となっていた、娘が宿題の答えを写してしまう問題

「小学校の学習で大事なのは算数・漢字・小6社会の3つ。もし子供が問題を解けずに悩んでいたら、すぐに答えを教えてください。答えを暗記するくらい基礎問題を習熟すると、応用力は自然とついていきます」

PRESIDENT Online - 陰山英男「問題を解けずに悩む子には、すぐに答えを教えなさい」

陰山メソッドで有名な陰山英男氏によれば、わからない問題はすぐに答えを見せてしまった方が良いらしい。

「できない」が続くと、いつしか子どもは自信を失ってしまう(自己肯定感が低くなってしまう)。

わからないままダラダラと時間を浪費してしまう状況がよくない。どうしても「自分の力で考えさせた方が良い」と思ってしまいがちだが、何度も反復させて、答えを暗記させるくらいで良いらしい。

と言うわけで、記事で紹介されていた「たったこれだけプリント」を早速ポチってみた。

コロナがあったので仕方ないが、4年生になってから「宿題を毎日やる」と言う超初歩的な学習リズムが完全に崩れてしまったので、ちょうどドリルでも買ってやらせてみようかと思っていたところ。

まずは3年生のおさらいから。

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-ライフスタイル
-