スポンサーリンク

料理メモ

【万人向けの美味さ】無限カレー - リュウジのバズレシピメモ【作り方・コツ・感想】

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、無限カレーを作ってみました。

リンゴをふんだんに使った無限カレー。

至高のカレーが「大人向けのコクとスパイシーなカレー」とするなら、無限カレーは「子どもでも食べやすい万人向けのカレー」といった感じ。

もちろんどっちも抜群に美味くて、あとは好みの問題。

スパイシーな感じが好きなら至高のカレー。まろやかなのが好きなら無限カレーって感じ。

スポンサーリンク

無限カレーのレシピ・作り方

材料(1人前)

カレールー 4かけ(ジャワカレーがおすすめ)
鶏もも肉 1枚(350g程度)
玉ねぎ 1個(250g程度)
ニンニク 2かけ
リンゴ 1個(240g程度)
サラダ油 大さじ1
塩胡椒 適量
塩 ひとつまみ
水 600cc
ウスターソース 小さじ2
醤油 小さじ1
バター 10g
シナモン 5ふり
温かいご飯 適量

作り方

  • ニンニクは皮を剥いておく。玉ねぎは繊維を断ち切るように薄くスライスする(繊維に対して垂直にきる)。
  • リンゴは縦半分に切る。片方は角切りにし、もう片方はすりおろしに使う。角切りにする方は種を取ってから角切りにする(★)。残りのリンゴは種をくり抜いてからすりおろしにする。★皮は剥かなくても良いが、焦げやすいので注意。
  • 鶏もも肉は縦半分に切ってから、なるべく薄く削ぎ切りにする。
  • フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、軽く塩胡椒をした鶏もも肉を炒める。鶏皮のブヨブヨしたのが苦手な場合は、鶏皮がパリッとなるように重点的に炒める。鶏皮から鶏油を出す目的もある。あとで煮るので鶏肉を炒める加減はお好みでOK。鶏肉が炒まったら一旦バットに取り出しておく。
  • 鶏油が出たフライパンで玉ねぎを炒める。塩をひとつまみを加え、玉ねぎから水分が出るようにする。玉ねぎが飴色になるまで炒める。★玉ねぎは多少焦げてもOK。「焦げ」の苦味がカレーに深みを与える。
  • 玉ねぎが飴色に炒まったら、角切りにしたリンゴを加えて炒める。皮付きの場合は焦げないように注意。
  • リンゴがある程度炒まったら鶏肉を戻して全体に絡ませ、水600ccとすりおろしリンゴを加えて一旦沸かせる。
  • 全体が沸騰したら蓋をして、中火で5分間煮る。
  • 火を弱火に落とし、ジャワカレーのルーを4かけ入れて溶かす。ウスターソース小さじ2、おろしニンニク、醤油小さじ1、バター10g、シナモン5ふり(あればで良い)、塩胡椒少々を加え、ニンニクの香りが落ち着くまで1〜2分煮る。
  • ご飯と一緒に盛り付ける。彩りでパセリを振る。
  • 完成!
スポンサーリンク

無限カレーのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • 肉は鶏肉がおすすめ。鶏肉を使うことで肉からも出汁が出る。
  • 玉ねぎは繊維を断ち切るようにスライスすることで、水分が出やすくなり、早く飴色にできる。
  • カレールーはいつもリュウジがおすすめしているジャワカレーがおすすめ。ジャワカレーはスパイシーなので、リンゴの甘みとよく合う。
  • 個人的に食べてる時に口の中に皮が残る感じがしたので、角切りリンゴは皮を剥いた方が良いと思った。

みなさんの感想

スポンサーリンク

タグ

人気の記事TOP10

-料理メモ
-