スポンサーリンク

料理メモ

究極の蒸し豚 - リュウジのバズレシピメモ【作り方・コツ・感想】

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、究極の蒸し豚を作ってみました。

めちゃくちゃ美味かったポッサムと似たような感じなんだけど、これもめちゃくちゃ美味い。

肉がプリップリの食感で、豚肉の旨みも凝縮してる感じ。

40超えると「脂」が胃にもたれてくるので、赤身多めのブロック肉が良さげ。


究極の蒸し豚のレシピ・作り方

材料

豚バラブロック 450g程度
生姜 10g
塩 小さじ1弱
長ネギの青い部分
酒 大さじ1
水 400cc
★醤油だれ★
長ネギ 20g
醤油 大さじ2
お酢 大さじ2
味の素 6振り
ごま油 大さじ1
★塩だれ★
豚の蒸し汁大さじ2と塩ひとつまみ

作り方

  • 生姜をスライスする。長ネギの青いところは包丁の背で叩いておく。長ネギはみじん切りにする。
  • 豚肉450gに対して塩小さじ1を擦り込み、半分に切る。
  • 耐熱用の皿に豚バラ肉を乗せ(脂身を上)、肉貼り付けるように生姜をおく。肉の上に長ネギの青い部分を乗せる。最後に酒大さじ1をかける。
  • フライパンに綺麗な調理用の布巾を2枚敷く。布巾の上に豚肉を入れた耐熱皿を置く。水400〜500ccをフライパンに流し込む(耐熱皿の中には流し込まない)。
  • フライパンを火にかけて沸かし、沸いたら蓋をして弱火〜中火の間くらいの火加減で30〜40分蒸す。水分がなくなるとふきんが焦げてしまうので、途中水を足しながら蒸す。
  • 酢醤油だれを作る。ボウルに醤油大さじ2、お酢大さじ2、ごま油大さじ1、長ネギのみじん切り、味の素6振りを入れてよく混ぜ合わせる。
  • 豚肉が蒸しあがったら耐熱皿ごと取り出す。皿が熱くなっているので注意。★耐熱皿に溜まった蒸し汁は豚肉の旨味が凝縮しているのでスープ等に使うと良い。
  • 蒸し豚をスライスする。皿に盛り付ける。
  • 完成!
  • 蒸し汁大さじ2に塩ひとつまみを加えた塩だれで食べるのもおすすめ。

ワンポイントメモ

  • 蒸し豚にすることで赤身部分ももっちりとした食感になる。
  • 動画では赤身と脂身が5:5が良いって言ってたけど、この歳になると赤身が多い方が食べやすい。
  • 塩だれはシンプルだけど豚肉の旨みがしっかり感じられてGOOD。塩だれにラー油や黒胡椒を足すのもおすすめ。
  • フライパンに直接皿を乗せてしまうと高温になりすぎて皿が割れてしまうので布巾の上に置く。布巾の代わりに濡らしたキッチンペーパー3〜4枚でもOK。
  • サンチュを巻いて食べるのも良い。
  • 蒸し豚をフライパンで炙ったりするとさらに脂が落ちる。

みなさんの感想

-料理メモ
-,