料理メモ

【子どもでも食べられるまろやかさ?】究極の無水ヨーグルトキーマカレー - リュウジのバズレシピ

スポンサーリンク

リュウジのバズレシピ.comを参考にして、無水ヨーグルトキーマカレーを作ってみました。

作ってみた感想

カンタン度   
リピート度   子どもと一緒だと食べづらいかも。
総合満足度   味は文句なし。

味は文句なし。大人なら自信をもっておすすめできる旨さ。

問題はカレー粉を使うレシピなので、子どもでも一緒に食べられるか?ということ。

結論は、食べられなくはないかな、という感じ。

玉ねぎ、トマト、ヨーグルトが入っているのでまろやかにはなってる。

バターチキンカレーのときは全く食べられなかった5歳の息子が、辛いとは言いつつも牛乳飲みながらなら完食できたレベルの辛さ(11歳の娘は全く問題なし)。

リュウジ兄がよくおすすめしてるジャワカレーの中辛が食べられるなら問題なし。ジャワカレーの甘口と同じくらいかなぁ。

とにかく旨いのでなんとか工夫してでも食べたい逸品。

スポンサーリンク

無水ヨーグルトキーマカレーのレシピ・作り方

材料(3〜4人前)

豚ひき肉 300g
玉ねぎ 1個(350g程度)
ホールトマト缶 1缶
バター 25g
ニンニク 10g
生姜 10g
サラダ油 大さじ1
塩 小さじ1半
ヨーグルト 200g
カレー粉 大さじ2
ウスターソース 大さじ1

作り方

  • 生姜、ニンニク、玉ねぎをみじん切りにする。
  • フライパンにみじん切りにした生姜とニンニクを入れ、バター25gとサラダ油大さじ1を入れて火にかける。最初は強火でバターを溶かし、溶けきったら弱めてじっくり火を通していく。きつね色になるまで炒めるが、焦がさないように注意。
  • 生姜とニンニクが炒まったらひき肉と玉ねぎを加える。豚肉と玉ねぎはしっかり炒めなくても良い。半煮えくらいで大丈夫。
  • 豚ひき肉の赤いところがなくなったらホールトマトを入れ、潰しながら炒める。
  • 塩小さじ1半を入れ、強火でトマトの水分を飛ばしていく。
  • 汁(水分)がほとんどない状態まで炒まったらヨーグルト200gを入れ、再度強火で煮込んで水分を飛ばす(4〜5分程度)。
  • ある程度水分が飛んだら火を弱め、ウスターソース大さじ1、カレー粉大さじ2を加えてよくかき混ぜる。水分量(カレーの濃度)はお好みで煮詰めて調整する。塩分もお好みで塩を足す。
  • 完成!
スポンサーリンク

無水ヨーグルトキーマカレーのワンポイントメモ

動画内で説明されていたコツと、実際に作ってみて掴んだコツをシェアします。

ワンポイントメモ

  • ヨーグルトを入れることで爽やかでコクのあるカレーに仕上がる。
  • 玉ねぎを飴色まで炒めるのは欧風カレー。今回はインド式カレーなので飴色にしなくても大丈夫。

みなさんの感想

  • この記事を書いた人
pieceke

pieceke

東京都荒川区在住 / 41歳男 / IoTデバイスメーカーのフリーランス役員 / 家族構成:妻、長女、長男の4人暮らし / 好きなもの:よく晴れた日に昼間から飲むビールとおつまみ作り、家族や友人が楽しそうにしている様子を写真に撮ること(SONY α7ⅲ)、子どもたちと一緒に時間を過ごすこと。

-料理メモ
-